飲食店の売上アップに貢献できるツール|独立開業のポイント

女性

働く人の時間などを管理

時計と人形

現在、飲食店で働いている人の中には将来的に独立開業をして自分のお店を持ちたいと考えている人が少なからず存在することでしょう。規模が小さく従業員数が少ない店舗であれば勤怠管理も容易ですが、中規模から大規模の飲食店経営となる場合、売上管理だけでなく働く従業員の勤怠管理も複雑になってくるのです。飲食店で24時間営業というパターンは少ないですが、それでもシフト制になるパターンは多いので各スタッフに正しいシフト表作成と勤怠管理の仕組みを用意する必要があります。ITに精通している事業主であれば最適なツールを自分で調べて用意することもできますが、そのようなケースは稀ともいえるでしょう。従業員の勤怠というのは、1人1人の給料に関わってくる問題なのでミスなどが発生すると従業員から不満が出てくることもあるのです。
これまでは従業員に1枚ずつタイムカードを渡して出勤時と退勤時に打刻をしてもらうというのが一般的でした。しかし、この方法の場合はタイムカードを忘れてしまうことが多く紛失などのリスクも考えられるのです。勤怠管理と給与計算、打刻漏れやカード紛失のリスクを回避したい事業主は勤怠管理などの機能が搭載されたPOSシステムを事業計画の段階で盛り込んでおくのが最適です。優秀なPOSの場合、指紋認証や画面タップだけで打刻管理が可能なのでスピーディーなのです。POS内部で複数の勤務パターンを登録することもでき、雇用形態に合わせてシフトを組むことも可能です。また、POS同士で連携もできるので給与計算をする際にも便利となっています。